成都パンダ基地 観光

料金・開園時間

料金は大人55元(約850円)です。

開園時間は7:30-18:00(チケット販売は17:00まで)となっています。

ちなみに熊猫大道駅でバスとのセットで買えば熊猫大道からパンダ基地までの片道のバス代と入場料合わせて52元ですので少しでも節約したいという方は地下鉄を使い熊猫大道からアクセスしましょう。

アクセスに関する記事はこちら

園内の様子

自分のスタイルに合わせて、基地内では好きに回ったらいいと思いますが、園内はかなり広いため体力に自信のない方はバスに乗ることをおすすめします。

私は時間もあったので歩いて回りましたが3時間ほどかかりました。

パンダたち

そしてお目当てのパンダたちです。

ここからはパンダたちの写真が続きます、しばしご鑑賞ください。

いかがでしょうか?とても近くないですか?

日本では貴重なパンダがここであれば十分すぎるほど見ることができます。

赤ちゃんパンダ

そして堪らないのが赤ちゃんパンダです‼

私は初めて赤ちゃんパンダをみました。

日本にいるとパンダすら見たことがないという方も多いのではないでしょうか。実は私も日本ではパンダをみたことがないです。

そんな中、さらに貴重な赤ちゃんパンダです。中国でも赤ちゃんパンダは大人気で行列ができており、見られるのも10秒ほどなんです。

みなさん準備はいいですか⁉

では、どうぞ!

本当にかわいいですよね。♡

まだ骨格がしっかりとしていないのかずっとハイハイしていましたね。

上手く表現できないのですがフニャフニャしていました。笑

他の動物たち

園内にはパンダの他にもレッサーパンダや鳥がいました。

それでもやっぱり、パンダ!ですよね。

私は10時ごろに行ったので、寝ているパンダも多かったですが少し動くだけで歓声を上げ笑顔になっていました。

パンダの一挙手一投足に釘付けの人間たちを見るとまさに客寄せパンダだなと思ってしまいましたね。笑

旅の記念に

園内にはポストがあり、そこから手紙を送ることができます。

ポストカード安いもので5元、切手が5元10元(約150円)で日本に手紙を送ることができるので旅の記念にいかがでしょうか⁉(私も家族に送りました)

アドバイス

  • パンダは朝早い時間の方が活動的なので頑張って早起きをしましょう!
  • パンダは日差しが嫌いだそうです。そのため曇りの日が良いようです。

成都に訪れた際にはマストな場所だと思いますので、ぜひ自分の目でかわいいパンダたちをみて癒されてほしいなと思います。

日本ではここまでパンダを堪能できませんよ。

アクセスに関する記事は別に書いていますのでそちらもよんでください。

記事はこちら

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です