[韓国留学]経験者から見た必要なもの

半年間と短い期間ではありますが韓国で暮らした経験者として私が思う韓国で役立つものを書きたいと思います。

ただ私は男なので男目線になってしまっていると思いますが、ご容赦ください。。。

私が留学していたのは9月から2月までの冬の期間です。

絶対に必要なもの

まずは絶対に忘れてはならないものたちです。

これらのものを忘れてしまうと本当に困るので何度も確認しましょう。

パスポート

まずは言わずもがなパスポートです。

パスポートは海外に行く際には必要ですね。

【大学生必見】住民票を移していない場合のパスポート申請について

11月 13, 2019

ビザ

韓国に旅行で訪れる場合は90日以内であれば必要ないため1~3ヶ月の短期留学であれば必要ありませんが、それ以上韓国に滞在する場合は必要です。

[交換留学]韓国ビザ取得するには?

11月 14, 2019

航空券(Eチケット)

航空券ももちろん必要です。

わざわざプリントしなくても大丈夫な場合が多いですが、心配な方は一応プリントしておくことをお勧めします。

現金

もしもの場合に備え現金も用意しておきましょう。

韓国の場合、5万円ほどあれば緊急時でもとりあえずはどうにかなるはずです。

学校関係書類

留学の場合、入学許可証などが必要です。

海外保険

保険に加入していない場合、もしもの時に治療費が高額になる可能性があります。

保険は正直安くはないですが、必要経費なので必ず加入しておきましょう。

私自身、スマホを落として画面破損してしまいましたが保険のおかげで無料で本体交換していただけました。

私自身保険に助けられました。
保険がなければ自腹で本体交換でした。

スマホ

まあこれも言わずもがなですね。

持っていかない人はおそらくいないでしょう。

海外のSimでも使えるようにSimロックの解除をしておきましょう。

あったほうがいいもの

先ほどまでは絶対に必要なものを書きましたが、ここからはあったほうがいいものです。

あったほうがいいものと書いていますが、正直こちらも持っていくことを強くお勧めします。

クレジットカード

韓国はかなりのクレジットカード社会なためほとんどのところでクレジットカードを使うことができます。

緊急で帰国しなければならない場合にも役立つはずです。

国際ブランドは四大ブランド(VISA・Master・JCB・Amex)であればほぼ使えますが一枚目はVISAかMaster、二枚目にそれ以外のどれかを選ぶことをお勧めします。

韓国であれば航空券も往復5万円あれば大丈夫なので、クレジットカードの上限も2枚合わせて20万円もあれば十分だと思います。

大学生 おすすめ クレジットカード 5選

5月 30, 2020

証明写真

長期留学の場合、韓国入国後すぐに外国人登録証の申請を行う際に証明写真が必要になります。

もちろん韓国で用意することも可能ですが、日本で用意しておく方が楽なはずですのであらかじめ準備しておくことをお勧めします。

証明写真の背景は白、サイズ35mm×45mm、撮影日から6ヶ月以内のもの

パスポート・各書類のコピー

韓国に着いてからすぐの時期は本当に提出書類が多いです。

上記にあげたパスポートやビザ、海外保険などのコピーの提出が必要になります。

こちらもあらかじめ日本でコピーしておくと楽になると思います。

変換プラグ

韓国は日本とはプラグが違うため、持っていかないとケータイやパソコンの充電ができません。

韓国のプラグはCタイプまたはSEタイプですが、念のため両方準備しておくことをお勧めします。

 

あると便利なもの

ここからは個人的に役立った、あると便利なものです。

ノートパソコン

交換留学などで韓国に行く場合あったほうが絶対に便利です。

韓国ではグループワークやプレゼン必須の授業も多く、パワーポイントなどを作成する場面も多いです。

もちろん大学の図書館などにパソコンはありますが、設定言語が違うため大変です。

たこ足配線

先ほども書いたように日本と韓国ではプラグが違うため、持っていかないと変換プラグがたくさん必要になります。

変換プラグとたこ足配線を持っていくことを強くお勧めします。

日本(110V)と韓国(220V)では電圧が違うため、必ず対応電圧を確認してください!

韓国にも薬はもちろんありますが、日本よりも強めです。

そのため常備薬は日本から持っていきましょう

私が特に重宝したのはお腹系の薬です。

韓国の料理は本当に辛く、実際私も何度もお腹を壊しました。

そのためお腹系の薬は持っていくことをお勧めします

バスタオル

「えっ、バスタオル?」と思われる方も多いとは思いますが、私が持っていかずに困ったものの一つです。

もちろん必要なので着いてからずっと探していたのですがなかなか見つかりませんでした。

結局、数週間ハンドタオルでしのいでいました。

少しかさばりますが必需品なので1枚は持っていくことをお勧めします。

小さめの財布

日本でもキャッシュレス化に伴って徐々に財布が小さくなってきているように感じますが、韓国では小さい財布があると便利です。

韓国人には小さい財布を使う人が多く、私も韓国ではそうしていました。

その理由として、そもそも韓国では現金をあまり使わないこと、硬貨が500ウォン(約50円)と日本と比べると硬貨の価値が低いです。

そのため韓国人は、硬貨を持ち歩かない人も多く財布自体に小銭入れがついていなものがほとんどです。

持ち物が減るのでその方が楽だと思います。

それまでは長財布しか使わなかった私ですが、今では小さい財布を愛用しています。

 

日本食

私もそうでしたが、長期的に海外にいるとなるとおそらくたいていの人は日本食が恋しくなると思います。

そのためスーツケースに余裕があれば隙間に詰められるだけ詰めて日本食を持っていくといいと思います。

日本のお菓子(蒟蒻畑やコロロ、じゃがりこなど)は韓国人に人気があるのでお土産にもお勧めですね。

ヒートテック

こちらは冬限定ですが、冬の定番商品ヒートテックです。

韓国にもユニクロはあるのですが、日本で買った方が安いので持っていくことをお勧めします。

文房具

韓国でも日本の文房具は人気なようで、韓国でも普通に売っているのですが文房具も日本と比べるとやはり高いです。

そのため文房具も日本から持っていくことをお勧めします。

お菓子にくらべると少し高いですが、かさばらないのでお土産として韓国人や留学生にあげてもいいかなと思います。

韓国でも買えるもの

韓国も十分に発展しているので買えないものはほぼありません。

そのため忘れ物をしたとしても現地で買いそろえることができます。

日用品

シャンプーやリンスなどを始めとする日用品は韓国でも買えます。

ただ日本とは匂いが少し違うためどうしても使いたいものがある場合には日本から持っていきましょう。

服も韓国で買うことができますし、おそらく日本で買うよりも安いはずです。

たくさん持っていくのも大変なので必要最低限だけ持っていき、現地で徐々にそろえていくことをお勧めします。

帰国時に困るため買いすぎにも注意しましょう。

まとめ

ここまで私の経験からいろいろと書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

私の経験が少しでも皆さんの役に立てばうれしいです。

私自身がそうでしたが、おそらく留学中は楽しいことばかりではなく多少つらいこともあると思います。

しかしそれもきっと貴重な経験となって、あなた自身を成長させてくれるはずです。

留学前は不安な気持ちでいっぱいだとは思いますが、万全の準備をしてみなさんの留学生活が少しでも充実したものなることを願っています。

スポンサードリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です