[独学・語学堂]韓国語勉強法

留学前の準備(韓国語)

おそらく韓国語を勉強したいと思っている方はK-popや韓国ドラマが好きだからだと思います。

今でこそK-pop韓国ドラマに関心のある私ですが、実は留学を決めるまで特に韓国に興味があったわけではありません。

正直韓国語は話者も少ないですし、なかなか韓国語を勉強しようとはなかなか思えないはずです。

私もそのうちの一人でしたがこれも何かの縁ですし、まだまだ初心者ですが今では勉強してよかったなと思っています。

そこで韓国について知っていることはほぼなかった私がどのように韓国語を勉強したのかを書いていきます。

韓国語の勉強について

最初は私も誰でも知っているような「アンニョンハセヨ」と「カムサハムニダ」ぐらしいか分からず、もちろんハングルも読めませんでした。笑

しかし留学でその国に行くのにさすがにこの状態ではまずいと思い、せめて少し韓国語をできるようにと、まずはハングルを勉強しました。

私の独学方法

こちらはマルイですが、、、

ハングルを知らない人から見ると記号にしか見えないと言われますが、私も最初はそうでした。

しかし勉強してみると組み合わせに過ぎないのでハングルを読むだけであれば本当に簡単でした。

また韓国語には日本語ととても似ている単語も多いため、ハングルを読めるだけで意味がわかるような単語もあったりするのでとても面白かったですね。

では私の勉強法について紹介していきます。

教材

ハングルの読み書きの勉強には実際に私も使った本をお勧めしたいと思います。

その名も「1時間でハングルが読めるようになる本」です。

この本はたくさんの方がおすすめされていて、とても有名な本です。

この本ですね。

タイトルにある通り本当に1時間で読めるようになりました。

非常にわかりやすい本ですので韓国語の勉強を始めようと思っている方はぜひ使ってみて欲しいなと思います。

ハングルだけ読めるようになりたいという方はこれだけで十分です。

もちろんスラスラ読めるようになるには練習が必要です。

あと二つ文法と単語を勉強した教材を紹介しますね。

これらは特段おすすめはしませんが、こんなのを使っていたんだと参考程度にしていただければなと思います。

テレビでハングル講座

また並行して単語集をしたり、NHKの「テレビでハングル講座」を観ていましたね。

ただ「テレビでハングル講座」は週1回だけなので、少しペースが遅いかもしれません。

そのためこちらは時間をかけてゆっくり学びたい方向けですね。

K-pop

また当時、TWICEの「TT」が流行していたので、少しTWICEにはまり韓国語の動画をずっと観ていましたね。笑

しかしただ流していただけで、始めたばかりの頃はまったく聞き取れないのであまり勉強にはなりませんでしたが、理解できるようになりたいとモチベーションアップにはつながりました。

成果とアドバイス

授業自体は英語なのでそんなに韓国語は必要ないと言い訳をしていたため結局ハングルが読めるようになっただけで日本にいる間はあまり韓国語の勉強は捗りませんでした。

ですが多くの留学経験者が、留学に来る前にもう少し勉強しておくべきだったなと思った経験があるはずです。

私もそうでしたが多くの人は日本にいる間の勉強で妥協してしまうと思います。

言語に関してはやったぶんだけ必ず自分の助けになるので、少しでも留学生活を充実させるために日本にいる間にできるだけ勉強しておくことを強くお勧めします。

ここまでは日本にいる間の勉強法ですが、続いて交換留学中のお話になります。

留学中は語学堂というところに通っていました。

語学堂とは

語学堂というのは、読んで字のごとく語学(韓国語)を勉強するところです。

授業は月曜から金曜まであり1日4時間でそれが10週間行われます。

ちなみに私が通っていた語学堂では、授業料が1タームごとに13万円でした。

1タームが約4カ月なので初級レベルから始めても最速の場合、1年半で6級まで終えることができます。

補足説明
語学堂では1級が一番下で6級が一番上です。

当時の韓国語レベル

韓国渡航時にはハングルが読めるだけでしたが、学期中の韓国語授業聴講や自主学習で1級のレベルは終えることができました。

冬休みに語学堂に通おうと考え、振り分けテストを受けた結果2級のクラスに参加することになりました。

日本人にとってはやる気さえあれば、韓国語は比較的学びやすい言語なので費用を節約するためにも日本で2級までは終えておくことをおすすめします。

語学堂で学べること

語学堂では韓国語に関する全ての学習をします。

읽기(読み)、쓰기(書き)、말하기(話す)、듣기(聞く)です。

日本人にとってはおそらく말하기(話す)が難しいですが、それ以外は他の国の学生より簡単に学ぶことができるはずです。

말하기が難しいのは日本人は外国人と比べるとあまり話さないことと、韓国語にはパッチムを始めとする日本語には無い音が結構あるため発音が難しいと思います。

余談

皆さんに共感していただけるかわかりませんが、韓国人の発音はとても美しいと思います。

これはどの言語にも共通することですがネイティブにしか出せない音があります。

듣기 좋다(耳に心地よい)ですね。

個人的には오빠(オッパ)や한국말(ハングンマル)が個人的には好きですね。

なんかかわいいなと思います。

語学堂でのイベント

語学堂では授業だけでなく、遠足や文化授業などもあり韓国について勉強したりクラスメイトとの交流もあったりします。

文化授業ではキンパプとチャプチェを作ったり、文化授業では魚釣りに行ったりしてとても楽しかったですね。

韓国の文化を知るだけでなく、外国人とのつながりもできて本当に良かったなと思っています。

クラスメイトたち

私が通っていた語学堂では中国人とウズベキスタン人が多く、他にベトナム人、ロシア人、モンゴル人が少しといった感じでした。

クラスメイトのほとんどは、韓国の大学に正規入学するために勉強している人が多かったです。

正規入学の場合、韓国人と同じ授業を受けることになるため語学堂の4級までの修了が必要と言っていました。

当時一緒に授業を受けていた彼らが語学堂での学習を終え、大学に入学しているのを知って、時の流れを感じずにはいられません。

私も彼らに負けないように成長していかなければと刺激を受けています。

語学堂に通うメリット

ここでの共通言語は韓国語です。

そのためクラスメイトとのコミュニケーションも必然的に韓国語になります。

私たちのレベルはまだまだでしたが、なんとか会話しようとしたことで韓国語の上達にもつながりました。

また韓国語を必死で学ぶクラスメイトに負けないようにと切磋琢磨できました、同じ志を持った仲間がいるというのは心強いです。

そして現地で学ぶことの最大のメリットはその国の言語が勝手に耳に入ってくることと実践の場があることです。

言語は実際に使わないと絶対に上達していきません、多少間違っていても自信を持ってどんどん使いましょう!

さいごに

私はたった3ヶ月弱の語学堂での学習でしたが、とても楽しかったですね。

正直韓国語は今も日常会話程度レベルしかできませんが、それでも旅行程度では困らないレベルにはなったため、嬉しいですね。

韓国語を日常的に使う機会はあまりありませんがいつか韓国語が役に立ったらいいなと密かに思っております。。。

そして韓国語をせっかくなら現地で勉強したいけど、長期留学や休学はちょっとな…

という皆さんには長期休みの合間に参加できてしまうまずは1週間程度の短期留学などもあるので参加してみてもらえたらなと思います。

一歩踏み出すことでもしかしたら大きく人生が変わるかもしれませんよ!?

では今回はここまでです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です