ブダペストバスターミナルから街中へ(ブダペスト西駅)

本記事の意図

これまで中国の記事を書いてきた私ですが、他にもネタはあるのですが、今回はそれらをぶっ飛ばしてのブダペスト(ハンガリー)の記事です。実は私絶賛ヨーロッパ周遊旅行中で非常に困ったので今回記事にした次第です。バスでブダペストを訪れようとしている方には非常にタイムリーな記事なのでぜひ参考にしてください。

簡単な私の旅程

下画像の二枚を参照していただきたいのですが、今回私はバス(flix bus)を利用しました。
*この記事はブダペストバスターミナル利用の方以外、関係ないです。

ブダペスト着

特に下調べをしていなかった私ですが、早朝7:30ごろに予定より30分ほど早く無事ブダペストに到着しました。そしてバスが到着した場所を調べると中心部から離れていることがわかります。(*下画像参照)
現在地がバスターミナル(Nepliget)、そして目的地がブダペスト西駅(Nyugati pályaudvar)です。約5.5キロの道のりです。

バスターミナルから街中

そこで当然街の中心へ向かうわけですが、地下鉄の表示(M3)があったのでそこに向かえばいいと思ったのですが、、、
いくら探してもありません。そこで店の人に聞いてみると地下鉄は閉じられているとのことでした⁉︎
店の人と話していると近くにいた韓国人がバスに乗れば街中に行けると教えてくれました。
”감사합니다~“

街中へのアクセス方法

地下鉄封鎖の代わりに代替用のバスが走っています。場所はB出口から出たすぐのところです。
M3と書かれたバスに乗れば大丈夫です。
※上記は休日の場合です。平日の場合には本記事のブダペスト西駅からバスターミナルアクセスの逆になります。

終点の一つ前のバス停がブダペスト西駅(Nyugati pályaudvar M)

注意点

バスのチケットは地下で買えます。(*地上にはありません)
またシングルチケット(350Ft)では運賃不足です。私はよくわからなかったので、シングルチケットで乗ってしまいましたが運賃不足で打刻ができませんでした。抜き打ち検査をされた場合、罰金を支払わなければなりません。毎回買うのも面倒なので、滞在日数に合わせて24時間チケット(1,650Ft)または72時間チケット(4,150Ft)を買うことをおすすめします。

街中からバスターミナル

こんなの逆になるだけでしょと思われた方、そうではありません。私もそう思っていたのですが、残念ながら違うのです。。。
下の画像を見ていただきたいです。

本当に少し前のお話なのですが、バスターミナルに向かうためブダペスト西駅に到着しM3のバス乗り場はどこかなと探していると地下で衝撃的なものを見つけました。なんとM3のバスは土日しか運行していないとのことでした。昨日乗れたのは運がよかったようです。そのため他の方法でバスターミナルに辿り着かなければなりません。私は時間的余裕があってよかったのですが、ギリギリであればタクシーの利用も考えていたと思います。それではせっかく安いバスを予約したのに本末転倒ですよね。
※休日の場合には②路線バス+路面電車のアクセス方法での路線バス乗り場でM3に乗ってアクセス可能です。

アクセス方法

①地下鉄+徒歩

もう一度、下画像を見ていただきたいのですが平日の場合地下鉄が一部運行しています。ブダペスト西駅(Nyugati Pályaudvar)からバスターミナル(Nepliget)の一つ前の駅(Nagyvatad ter)まで行くことができます。

そしてNagyvatad ter(一つ前の駅)からNepliget(バスターミナル)までは800メートル約10分ほどでアクセス可能です。(*下画像参照)
D出口から出るとM3のバスがあるのでそれに乗ることも可能です。

②路線バス+路面電車

もう一つが、路線バスと路面電車を使ったアクセス方法です。今回私が利用したのはこちらです。

バス乗り場はJ出口から出てすぐのところにあります。休日であればそこからM3のバスに乗ることができます。

J出口すぐのバス乗り場

平日の場合は、同じバス乗り場で9番バスになります。本数はそこそこあります。そしてKobanyai ut 31.に向かいます。ブダペスト西駅(Nyugati pályaudvar)から14駅で約30分です。

Kobanyai ut 31.(乗り換えするバス停)から直進して5分ほどです。路面電車1番でNepligetに行くのはKFC側からです。2駅で5分ほどで着きます。

注意点

路面電車ではチケットが必要なので準備しておきましょう。乗り場に券売機はなかったです。そして乗り込んだら打刻もしっかりとしておきましょう。

さいごに

運良く休日に訪れて休日に出て行く人もいるかもしれませんが5/7の確率で平日のため、ほとんどの方が地下鉄+徒歩orバスまたは路線バス+路面電車を使うことになると思います。無事に到着できたのでよかったのですが、私はなぜかバスを路線バス+路面電車を使ってしまいましたが、地下鉄を使ったほうが楽だと思います。
個人的によくわからなかったのは、バスに乗る際に誰も打刻をしなかったことです。市民は無料で乗れるのか、定期を持っているのかあるいは他の理由があるのかよくわかりませんが誰も打刻をしていませんでした。私は今回、バスターミナルとブダペスト西駅の往復以外は全て歩いて回ったのでブダペストでの交通費はわずか700Ft(約250円)でした。しかし罰金のリスクもありますし、効率的に回るために24時間券(約580円)を買うことを強くおすすめします。
※24時間券でも最初の乗車時に打刻が必要です。
いつまで地下鉄の工事が続くかわかりませんが、地下鉄が使えない間にバスでブダペストを訪れるという方の参考になれば幸いです。
*在日ハンガリー大使館ブダペスト交通案内

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です