ホーチミンでのスーツオーダー

前回はマッサージ屋さんとピザ屋さんを紹介しましたが今回紹介するのはオーダースーツのお店です。特に私がおすすめするのが大学生に向けてです。スーツは就職活動でも使えます。就職活動で周りが量販店で買ったものを着ている中、自分はオーダースーツなんてかっこいいと思いませんか?

日本でオーダーメイドのスーツを作るとなると高いですが、ホーチミンなら大学生でも十分に手が届きます。
それでは早速見ていきましょう!
*申し訳ありません、実際のスーツ写真は日本に帰ったら画像を貼ります。

USAGI

「USAGI」こちらがお店の名前です。場所はホーチミン1区の川の近くです。雑な説明で申し訳ないです。笑
*Googleマップで検索お願いします。

看板にも書かれている通り、日本語OKです。
なにも難しいことはなく生地を選び採寸して終了です。

完成までの流れ

私の場合、旅行者ではなく時間的に余裕があったため採寸して5日後に仮縫いその2日後に完成という流れでした。ただ私が仮縫いのことを理解しておらず工程の説明に過ぎないと思っていたので5日後にはお店に行かず、完成と思っていた一週間後に取りに行ったら「なんで仮縫いに来なかったの?」と言われてしまいました。私も悪いですが、電話番号を教えておいたので連絡してくれればいいのにと思いましたね。笑
*私のように仮縫いを知らない方はいないと思いますが、注意してください。

結局完成予定だった日に仮縫いの確認をし、2日後にようやく受け取れました。旅行や出張者の方で時間がないという方は5日ほどで仕上げてくれるそうです。最悪仮縫いで持ち帰ることも可能だとのことでした。

気になる金額は?

そしてみなさんが一番気になるのは金額だと思いますが、4,477,000ドンです。
「えっ、それって日本でいくら?」と思われた方がほとんどですよね。

日本円で約22,000円です。ちなみにワイシャツもせっかくなので作ってもらっています。それでこの値段なんです。ワイシャツの値段を覚えていないのですが、スーツだけなら20,000円ほどです。すごくないですか?自分だけのスーツがたった20,000円ですよ!!
*ちなみにワイシャツについては勧められてせっかくなので作ったのですが記事が薄くインナーが透けてしまいますし、とてもしわになりやすいのであまりお勧めしません。

ここまで紹介してきたUSAGIさんではスーツだけでなく女性用のワンピースなども作ってくれます。実際私がお店に訪れた際も男性客は私だけで女性客がたくさんいました。私も実際にオーダースーツを作り非常に満足していますのでみなさんもホーチミンを訪れる機会があれば仕事用や普段着、旅の思い出にぜひオーダーをしてみてください!!

余談(ドン→円への計算方法)

ベトナムに行ったことがある人なら知っていると思いますが、ベトナムは額がとても大きくなります。最高紙幣が500,000ドンです。慣れていないとよくわかりませんよね、、、私も最初は大変でした。

日本人からすると「えっ、50万⁉高すぎでは?」という感じですよね。
これはベトナムあるあるだと思うのですが、自分が超お金持ちになった気分になれますね。笑

さてでは本題に入ると、まわりの人がでよく使っていたのは主に2種類です。
では一つずつ見ていきましょう。

0を2つ落として÷2をする。

500,000ドンを例にすると、まず0を2つ落として5000になります。
そして÷2をすると2500です。はい、これで終了です。笑

周りではこれを使っている人が一番多かった印象です。

0を3つ落として×5をする。

こちらも500,000ドンを例にすると、まず0を3つ落として500になります。
そして今度は×5です。すると先ほどと同じ2500です。
結果500,000ドン=2,500円ということがわかりましたね。

ちなみに私はこちらを使っていました。その理由はベトナムでは桁が大きすぎるため下三桁を省略することが多いからです。例えば500,000ドンならば500K、10,000ドンであれば10Kといった具合になります。するとすでに0が3つ落とされているためあとは×5をするだけなんですね。

どうですか?こっちのほうがいいかもと思っていただけていたら嬉しいです。笑

まあでも結局は完全に好みの問題なので好きな計算方法を使ってください。
桁が大きすぎるのでタクシーなどでだまされないように気を付けてくださいね、日本人の感覚するとぼったくりをされても高くはないため注意が必要です。
それではみなさんの訪越が少しでも充実することを願っています。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です