中国旅行記④ (西安・昆明)

さてでは今日も中国旅行の続きです。ようやく4日目に入ることができました。今日は昆明で一番行きたかった石林についてです。

石林には东部汽车站(東部汽車駅)から直通のバスで行くことができます。

バスは片道34元(約520円)です。
✳︎チケットを買う際にはパスポートが必須です。
私は9時40分にバスに乗り、着いたのは11時25分ごろでした。およそ90分ですね。
バス降り場についてすこし歩くとチケット売り場がありました。ここが入り口だと思ったのですが、違いました。

ここでは移動の車のチケットが売っていました。チケットの価格は25元(約380円)でした。正直中国の交通費の物価からするとかなり高いです。チケットを買おうか迷っていると翻訳機で3キロもあると言われたので結局買ったのですが、車に乗ってすぐについたので実際にマップで確認してみると片道1.5キロで往復で3キロでした。
片道1.5キロであれば歩いてもよかったなと思いました。すこし痛い出費でした。よくわからない別の建物(下の写真)で降ろされすこし歩くとようやく石林の入り口がありました。

ちなみに石林の入場料は130元(約2,000円)です。すこし高めですかなと思いますが、世界遺産ですし園内も広いのでその価値はあるのではないかなと個人的には思いました。

入ってみるとさっそく大きな池があり大自然の中にいるような感覚になることができました。

そして石林といえばここの写真ですよね?

見たことがある人もいるのではないでしょうか?

園内にはすこし高めですが、食べ物も売っていました。

私はこの麺料理を食べました。ピリ辛で美味しかったですね。

一部分ですがその写真を皆さんにもお見せしたいと思います。石ばっかりですが、、、

このような感じで石ばっかり見て、カンボジアのアンコールワットを思い出しましたね。あの時も岩ばかり見ていました。

園内を一周するのに2時間半ほどかかりましたね。とても疲れました。帰りを考えると25元で買っておいたチケットもあって正解っだたかもと思ってしまいましたね。笑
帰りもバスに乗って帰りました。東部汽車駅に着いたのは16時半ごろでした。疲れすぎたので、ホステルの近くで夜ご飯を済ませ、ダラダラしていましたね。

ホステルの近くは昨日も紹介したように、金馬が近くにあるため観光地になっており屋台などもたくさんありました。私は昆明で有名とネットに書かれていた豆腐料理と米线(米線)を食べました。

味としては、豆腐料理の方は臭くない臭豆腐といった感じでしょうかね。伝わりにくくて申し訳ないです。。。

すこしクセがあるものの美味しかったです。

米線のほうはすこし辛めでしたが、非常に日本人の口に合い美味しかったです。

こうして4日目も無事に終了しました。あとは家(成都)に帰るだけですね。
西安・昆明旅行⑤(最終回)へつづく、、、

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です