中国旅行記③ (西安・昆明)

今回は旅行3日目のお話です。
*思ったより長くなってしまったので、また前半後半で分けます。

西安城壁

この日は西安から昆明への移動日でした。フライトが12時頃だったので10時半ごろに空港につけばいいだろうと考え昨日のリベンジのために西安古城に向かいました。西安古城は朝8時から入ることができるので頑張って早起きしました。

チケットは大人54元(約815円)でした。中山門は21時まで開いているそうです。まあメインは長楽門(東門)なので19時までですかね。。。

城壁はこんな感じ(下写真)でした。時間もなかったので30分ぐらいで出たんですけどね、、、

そして中山門の近くには永興坊があり、朝なのでやっていませんでしたが店がたくさんありました。ライトアップもきれいなので夜にこの周辺を観光すればとても楽しいと思います。もっとしっかりと調べておくべきでしたね。

市内から空港へ

この時点で8時30分ぐらいでしたかね。時間もないので自転車で頑張ってゲストハウスに帰りました。ここで何を血迷ったのかゲストハウスで朝ご飯を食べてしまいました。予定通りに行きすぎて余裕が生まれていましたね。しかしこれがミスでした。なかなか注文したものが出てこなくて、かなり時間がかかってしまいました。急いで食べてチェックアウトをしたのが9時15分頃でした。そこから空港に行くために钟楼酒店(Bell Tower Hotel)に向かいました。少し迷いましたが何とかバス乗り場について唖然としましたね。きちんと調べていない私が悪かったのですが、バスの所要時間は80分と書いてありました。私は1時間ぐらいで着くだろうと考えていました。また運賃は25元(約380円)です。

私が乗ったバスが出発したのは9時40分でした。予定通りであれば着くのは11時です。一時間前なので国内線であれば大丈夫なことが多いですが、チェックインや身体検査が込んでいた場合には少し危ない時間です。中国は人が多いので本当に油断できません。一度国際線ではありますが上海の浦東空港でチェックインから身体検査までで1時間半かかり免税エリアに入ったときにはすでに搭乗開始時間5分前だったこともあります。

それに私はせっかくなので空港ラウンジを使いたかったのです。11時に着いた場合、登場開始時間が出発の30分前なので滞在時間はほぼないなと考えていました。

結果的に一時間ほど(10時45分ごろ)で咸陽空港に着きました。空港自体はとてもきれいな空港でしたね。Wi-Fiや充電スポットなどもあり、快適でしたね。また10分ほどしか滞在できませんでしたがラウンジに行くこともできました。
*ちなみに私が使っているのはプライオリティパスです。

さて今回私が使ったのは昆明航空です。おそらく聞いたことのない航空会社だと思います。私も今回初めて利用しました。

機体はB737-800で小さな機体でしたね。国慶節ということもあってほぼ満席でした。ビジネスクラスが8席で残りはエコノミーでしたね。CAさんの制服もかわいらしかったです。またLCCではないので機内食もちゃんと出ました。

乱気流の影響でかなり揺れていましたが、無事定刻通り着きました。ちなみに西安から昆明までは約1,500キロあります。かなり遠いため飛行機で移動しました。こちらがフライト情報ですね2時間10分のフライトなので、だいたい羽田から福岡に行くのと同じですね。中国は本当に広く見どころがたくさんありますね。昆明に着いたところで前半の内容は終了です。

今回は前回の続きです。昆明に到着したところからです。

昆明

無事に昆明に到着しました。昆明の空港から市街へは、バスか地下鉄で向かうことができます。
*今回私は地下鉄を選択しましたのでバスのことはよくわかりません。
空港に14時半ごろ到着し、まずはホステルへ向かいました。私が昆明で泊まったホステルは地下鉄の五一路駅が最寄りでした。

上の写真のように空港から五一路までは約40分で運賃は6元(約90円)ですね。そしてこちらが今回泊まったホステル“THE HUMP HOSTEL”です。
*ホステルに関してはまた別の記事で

翠湖公園へのアクセス

チェックインが完了したのが16時ごろでまだ明るく観光できそうだったため、翠湖公园(翠湖公園)に向かいました。翠湖公園にはバスか地下鉄で行くことができます。(地下鉄の場合、最寄り駅は潘家湾駅でそこから10〜15分ほどかかります。)
今回私はバスを選択しました。料金は前払いで一律2元(約30円)でした。最寄りのバス停は百汇商場です。金馬坊から乗って15分ほどで着きました。
百汇商場からは歩いて5分ほどです。その途中で人が並んでいたので何かなと思い見てみると、小吃屋さんでした。せっかくなので私も並んで買って見ました。

肉餅という商品ですね。たぶん、、、笑
看板の通り梅の味がほのかにしてとても美味しかったです。一つ5元(約75円)と安く持ち帰りで5個ぐらい買っていく方も多かったですね。おすすめなのでぜひ食べて見てください。

すこし寄り道をしてしまいましたが、翠湖公園に着きました。

公園の様子

緑に溢れとてもいい感じでした。家族連れも多く人々にとっての憩いの場のようでした。普段の喧騒から離れこういう場所に行って座っているだけでもいいリフレッシュになるのではないでしょうか?
私も座って1時間ほどダラダラしていました。非常にオススメです。

日も暮れてきたので移動をして、一番の繁華街と思われる东风広场(五一路の隣駅)に向かいました。東風広場の周辺はかなり都会です。特に目新しいものもないですね。大都市といった感じです。しかしラッキーなことに周辺をブラブラしていると昆明老街にたどり着きました。笑

昆明老街

とてもいい雰囲気でしたね。なぜか丁寧に日本語や韓国語の表記もありました。そしてここで昆明の夜の街やご飯を楽しむことができました。

お腹も満たされたところで、ホステルに帰りました。(老街からであれば20分ほどで歩いて帰ることができます。)
さらにホステルの目の前には金马(金馬)という観光スポットがあります。ライトアップされておりとても綺麗でした。

どうですか?これがホステルの目の前にあるのはラッキーですよね!?
ホステルに着き、金馬のライトアップを見たところで長かった3日目は終了です。次回は昆明でのメインであった石林についての記事です。
西安・昆明旅行④へつづく、、、

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です