中国南寧 観光情報

今回も紹介するのは中国の南寧です。

南寧には前回紹介した有名な滝(徳天瀑布)があります。

正直、徳天瀑布以外はあまり観るところがないのですが徳天瀑布だけでは時間が余ってしまうと思うので街の様子やちょっとした観光地を紹介したいと思います。

中山路美食街

まず紹介するのは中山路美食街です。

こちらは南寧に来たらマストで訪れるべき場所で冒頭にも言った通り南寧には本当に観るところがないです。。。

そんな中、南寧の中心地で観光といったらここです!

南寧は海から近いため安くておいしい海鮮をここで食べることができます。

アクセス

地下鉄の場合、最寄駅は1号線の新民路から歩いて10分ほどです。

中山美食街は日の入り少し前から店が徐々に出始め18時ごろには全店が立ち並ぶといった感じですね。

外国人はあまりおらずおそらく中国人の国内旅行者がほとんどです。

美食街の様子

下写真のようにたくさんの海産物があり、値段は正確には覚えていないのですが10~20元(約150~320円)ですね。

日本で食べればおそらく倍の値段にはなるのでとても安いですよね。

個人的なおすすめは牡蠣とタコの大きいものですね。

ウニは辛くはないのですが香辛料をかけられるためウニ本来の味がほとんどせず残念でしたが牡蠣とタコはとてもおいしかったです。

中山路美食街は海鮮が好きな方には本当におすすめの場所なので、ぜひお腹一杯になるまで海鮮を楽しんでください!

食当たりには十分お気を付けください

复记老友

次に紹介するのは复记老友(fu ji lao you)です。

私も南寧についてほとんど知らなかったため調べたところ老友粉が有名だということでこちらのお店に行ってきました。

下の地図写真をみていただければお分かりいただけるように南寧市内に複数店舗展開しているようで、南寧以外にも広州市など中国南方の都市に展開しているようです。

店の様子

もっとローカルな感じを予想していたのですがデパートの中にありとても新しく、レストランのようでちょっと残念でした。

私が頼んだのは老友猪肉粉です。

猪肉と書いてありますが日本語では豚肉のことなんです。面白いですよね。

さて肝心の味についてですが可もなく不可もなくでした。笑

特段おすすめはしませんが南寧発祥の料理なのでせっかくであれば一度食べてみてください。

ベトナムと似ている点

市場の様子

市場の様子を見てベトナムを思い出しましたね。

ベトナムと国境を介しているだけあってとてもよく似ています。

ベトナムを訪れたことがある方ならば「確かにちょっと似ているかも」と思っていただけるのではないでしょうか?

買ってみたかったのですが衛生上恐かったのでやめてしまいましたが、食べ歩きできるものもいくつかありました。

みなさんも海外の市場で食べ歩きをする際は気を付けてくださいね。

バイクの量

ベトナムがバイク大国だということは皆さん聞いたことがあるのではないでしょうか?

ここ数年の経済発展によってバイクが減り車が増えたそうですがそれでもまだ日本人の感覚からするととても多いです。

初めてベトナムで街歩きをしたときにはバイクの多さに圧倒されましたが、南寧もベトナムに負けず劣らずのバイクの多さです。

私は中国への留学中、成都という都市に住んでいたのですがデリバリー以外の場面であまりバイクを見かけることはありませんでした。

しかしここ南寧は違い、まだ地下鉄も数本しか走っておらず発展途上とあって市民の足はバイクのようでした。

南寧は冬でも15℃前後とおそらく気候も大きく影響しているのだと思います。

寒いと風を切るバイクはつらいですからね。。。

以上2点がベトナムと南寧のちょっとした類似点ですね。

言語もそうですが、やはり地理的に近いので互いに共通点があるということは非常に面白いですよね。

東南アジアの国境付近にある街は田舎なことが多いので初心者の方には難易度が高いかもしれませんが、機会があれば訪れてみるとこうした類似点や違った点を見つけられるのでお勧めです。

さいごに

ここまで南寧について書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

南寧に関しては今のところ日本からの直行便もないですし、ネットで検索してもあまり情報が出てこず日本人にとってはなじみのない場所だと思います。

ただベトナムと似たような雰囲気を感じることもできとても面白い場所だと個人的には思います。

南寧はまだ発展途上といった感じですが地下鉄も通っていますし、街の中心部はデパートもありこれからどんどん発展していくはずです。

数年もすれば大きく変化しているはずなのでまたいつか機会があれば変化の様子を見に行きたい場所の一つになりました。

簡単ではありますがこんなところですかね。

みなさんも機会があればぜひ南寧に足を運んでみてください!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です