成都で食べられる日本食

今回紹介するのは成都で食べられる日本食についてです。

中国にはたくさんの日本食店が進出しており、とても全ては回り切れませんでしたが私が実際に行ったみた日本食店について紹介したいと思います。

味の感想はあくまで私の個人的な意見です。

[中国]成都で寿司を食べるなら?

12月 26, 2019

一風堂

一風堂はほとんどの方が知っていると思います。有名な博多ラーメンのお店ですね。

成都にある一風堂は春煕路IFSの地下1階です。

メニュー

メニューは日本でも定番な白丸・赤丸はもちろんのこと現地の方向けにローカライズされたラーメンが目立ちました。

他にはどこのお店に行っても思うのですがサイドメニューが非常に充実しているなといつも感じさせられます。

ラーメンを頼まずにサイドメニューだけといった方もおられました。

味はさすがチェーン店といった感じで日本で食べるのと同じ味でした。

またこの日はキャンペーンで替え玉無料だったのもうれしかったですね。

ただ残念だったのは日本の店舗であれば置いてある、もやしがなかったことですね。

一風堂に行った際には必ず食べるという方も多いと思うので、せっかくであれば置いて欲しいですね。

値段に関しては55元(約850円)と日本で食べるのとほぼ変わらない値段でしたね。

中国の物価からすると2~3食分になるので学生にはきついですね。

味千

みなさんは味千をご存知でしょうか?

味仙ラーメンではありませんよ。

まず読み方は「みせん」ではなく「あじせん」だそうで、本店の熊本の他に北海道と沖縄にしかないそうです。

しかし中国には早くから進出しているそうで成都市内だけでも5店舗ほどあり、それ以外にもアメリカやシンガポールはたまたヨーロッパにも展開しており全世界で800店舗あるそうです。

特に中国では1996年の初出店から店舗を増やし日本人よりも中国人によく知られている日本式ラーメン店です。

メニュー

メニューは豚骨ラーメンを推していました。

味千も例によってサイドメニューが充実しておりとても迷いましたが、とりあえず一番人気と書かれていたと餃子を注文しました。

味に関して全体評価としては正直あまりおいしくありませんでした。

チャーシューはおいしかったものの麺が個人的には微妙でラーメンスープと餃子に関してはもう少し暖かい状態で出してほしいなと思いました。

これで59元(約915円)と考えるとかなり高いですね。

この店舗が微妙だったのか日本で食べて比較したいところですが店舗が熊本、北海道、沖縄にしかないので旅行で訪れたとしてもわざわざ味千を食べたいとは思わないですね。

この記事を読んでいる方でここのラーメンを食べたことがある方がいらっしゃればぜひとも感想をコメントくださればうれしいです。

丸亀製麺

丸亀製麺は日本で有名なうどんチェーン店でおそらく日本で一番有名なうどん店なのではないでしょうか。

最近では海外進出も盛んで成都市内だけで複数店舗を構えています。

メニュー

下の写真だと少し見づらいかもしれませんが日本と比べると肉を載せたメニューが多いですね。

中国人の方々は濃い味付けが好きなのかもしれません。

日本でおなじみの揚げ物もありましたがほとんどフライで天ぷらはレンコンとサツマイモぐらいしかありませんでしたね。

ちなみに私が食べたのは牛肉トマトうどんとたこ焼きです。

牛肉トマトうどんは人気と書かれていた通りほとんどの人がこのうどんを食べている印象でした。

たこ焼きに関してはあったので気になって食べてしまいました。笑

さて肝心の味ですが可もなく不可もなくといったところですね。

良くも悪くも日本で食べるのと変わりません。

値段ですがこの二つで39元(約600円)なのでラーメンと比べるとコスパがよくどうしても日本食が食べたいといった方におすすめかなと思います。

ココイチ

続いてカレーのCoCo壱番屋で場所は春煕路近くの伊勢丹最上階にあります。

メニュー

メニューは下写真のような感じで安いもので45元(約680円)、高いものだと65元(約1,050円)ほどでした。

少し高めなイメージがあるココイチですが日本とあまり変わりませんね。

ココイチは海外進出を積極的に海外展開しておりタイでは高級路線で成功しているようですね。

またカレーで有名なインド市場に日本式カレーを浸透させるとインド市場にも乗り出しまし、こちらがどうなるかも非常に気になるところです。
*タイに関する記事はこちら
*インドに関する記事はこちら

私が頼んだのがこちら(下写真)で48元(約730円)でした。

味は日本と変わらずおいしかったですが中国で食べるとなると少し高いですね。

大学内にもカレー屋さんがあるのですがそちら(下写真)は15元ほどです。

そちらのカレーはかなり水っぽく好き嫌いが分かれるかとは思いますが、私はよく食べていましたね。

それでもお客さんはそれなりに入っており人気があるようでした。

とんかつ和幸

次に紹介するのはとんかつ和幸です。

場所は先ほどと同じ春煕路の伊勢丹最上階でココイチの隣にあります。

とんかつ和幸ですができた当初は成都市内の食べログで1位を獲得したこともあるそうで今でも行列ができる人気店なんです。

そんな人気店なんですが実は私、一人でとんかつを食べに行こうとはなかなかならならないので日本では和幸に行ったことがありませんでした。

この時も日本人の方に連れて行っていただきました。

では、中国和幸の実力はどうなのか見ていきましょう!

メニュー

日本の和幸を知らないので比較はできませんが日本でよく見る普通のとんかつ屋さんのような感じでした。

値段もおごっていただいたので正確には覚えていませんが日本円で1,000円前後と日本と変わりませんでした。

話は逸れますがお客さんの半分以上は女性でした。

日本人の感覚からするととんかつは男性が好むイメージがありますが中国はどうやら逆なようです。

その辺の違いも非常に面白かったですね。

和幸に行ったのはこの時一度きりですがとてもおいしかったです。

連れていってくれた日本人の方によると日本と同じクオリティだそうです。

嬉しいのはごはんとみそ汁、野菜がおかわり自由な点ですね。

海外に数日いたことがある方は感じたことがあると思うのですが日本米は本当においしく、久しぶりに食べると感動しますね。

とんかつなしでごはんとみそ汁だけでも嬉しいです。

価格は約1,000円でしたが個人的には成都で食べた日本食の中では一番満足度が高かったですね。

私の一推しです!

すき家

最後に紹介するのはすき家です。

みなさんもよく知っている牛丼チェーン店ですよね。

私も日本ではよくお世話になっています。

成都市内に複数店舗を展開していますのであえて特定の店舗紹介はしません。

ちなみに中国語ですき家は食其家(shiqijia)で全部漢字にしてしまうのは面白いですよね。

メニュー

メニューは日本とほぼ同じですね。

日本でもカレーやうなぎなどはありますが中国のすき家にはラーメンもあるのでメニューの豊富さでは中国のすき家に軍配が上がりますね。

味は日本で食べるのと同じクオリティでした。

下写真の麻婆豆腐牛丼が23元(約360円)、みそ汁と漬物でプラス5元(約80円)そしてチーズ牛丼が24元(約380円)でみそ汁と茶碗蒸しのセットが8元(約120円)です。

麻婆豆腐牛丼についている漬物は個人的にはあまり好きではなく、辛いですしクセが強いです。

さて肝心の麻婆豆腐牛丼についてですがやはり本場ということもあって辛かったですが、日本人でも十分に食べられる辛さでした。

わざわざ海外ですき家は食べたくないなというかたも海外限定メニューなら楽しめると思うので、今も食べられるかはわかりませんが興味のある方はぜひ。

そして個人的なおすすめが茶わん蒸しです。

日本のすき家には茶わん蒸しはみたことがなかったので(あったらすいません。。。)、気になって食べてみました。

みそ汁とのセットで値段も安いので全然期待していなかったのですが想像以上のおいしさでした。

すき家のいいところは牛丼の並盛が一杯16元(約250円)と低価格で日本食を楽しめる点にあると思います。

他の日本食と比べると半額ほどで日本食を楽しむことができちゃうので、海外でどうしても日本食が食べたいという方はすき家をおすすめします。

余談

完全に余談なのですが、近年の日本食ブームの高まりを受け大手外食チェーン店は軒並み海外展開を急速に進めています。

そのため私は一風堂とココイチ、すき家をベトナムのホーチミンでも食べていますし、丸亀製麺に関しては韓国・ベトナム・中国それに日本も合わせると4カ国で食べたことがあります。

とても面白いですよね。

さいごに

海外で日本食ばかり食べすぎじゃないかと思われた方もいらっしゃるかもしれませんがその通りですね。

やはり人は育ってきた環境に大きな影響を受けているようで、日本人なんだなぁとつくづく実感させられますね。

私を含め海外旅行の際にマクドナルドを訪れてしまうという方は多いと思いますが機会があれば日本食店に行ってみるのもありなのではないかなと思います。

日本と同じ点や違う点を見ることができ面白いと思います。

最後は話が逸れてしまいましたが海外滞在中に現地料理に飽きてしまった方や長期滞在の方でどうしても日本食が食べたいという方はぜひ、足を運んでみてください。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です